カリッと香ばしい【ポークとえび紙カツの作り方】栗原はるみのキッチン日和

5月10日(月)11時〜放送していた
ポーク&えび紙カツとクリーミーポテトサラダを記録しました。

カリッとした食感が楽しい2種類の揚げ物です。
紙のように薄く伸ばして揚げることで軽やかな味わいに。
少ない油で揚げられるのもお手軽です。

生クリームのコクでリッチな味わいに
仕上がったクリーミーポテトサラダもとっても美味しそうです♪

スポンサーリンク

ポークと海老紙かつの材料

<4人分>

  • 豚肩ロース肉(塊)  … 約400g
  • えび(無頭 / 殻付き)…(大)8匹(約200g)
  • 溶き卵 … 1〜2個分
  • パン粉 …   適量
  • 小麦粉 …   適量
  • 塩・こしょう … 各少々
  • 揚げ油 … 1〜2cmの深さ

特製ソース

  • トマトケチャップ、豚カツソース … 各大さじ3
  • 醤油 … 小さじ1

1人分 600kcal 塩分2.3g

スポンサーリンク

ポークとエビ紙かつの作り方

  1. 豚肉を1cmの厚さに切って筋切りをしておきます。
  2. まな板の上にラップを置いて、1の豚肉を広げて、ラップで挟みます。
  3. 綿棒で叩いて広げて倍の大きさに広げます。
    💡叩くことで肉の繊維がこわれ柔らかくなります。
  4. 海老の殻を尾の部分まで丁寧に剥いて、背ワタを取ります。
    背に深めの切り込みを入れて手でとって、包丁でさらに背を開きます。
  5. 4のエビを豚肉と同じ要領で、ラップをのせて綿棒で叩いて伸ばします。
    身が柔らかいので気をつけて。身がこわれても繋げることはできます。
  6. 豚肉の片面だけ塩こしょうします。(気になる方は両面どうぞ)
  7. 茶こしで小麦粉(適量)を薄く両面にまぶします。
  8. 卵をくぐらせて、パン粉をソフトに付けます。
  9. えびにも同様に、衣を付けます。
  10. から揚げていました。
    1〜2cm位の油。170〜180度で片面1分30秒揚げる💡
    この時できるだけ動かさない。
  11. いい揚げ色になったらひっくり返して揚げます。
  12. えびも続いて揚げます。

何気なく暮らしてる時にアイディアは閃くものだそうですよ✨
シェフになったつもりで背筋伸ばして料理するというような
話が出てきましたが、私も見習いたいと思いました。

スポンサーリンク

クリーミーポテトサラダの材料

マヨネーズを使わないポテトサラダ、覚えておきたいです♪
コンビーフの塩気がアクセント。旬のグリンピースと一緒に楽しむ一品です。

<4人分>

  • 新じゃがいも … 3〜4個(500g)
  • 生クリーム カップ … 1/2〜3/4
  • コンビーフ(缶詰) … 1/2缶(40g)
  • グリンピース  … カップ1強(正味150g)
  • バター    …    20g
  • 塩・こしょう

ポテトサラダ用のジャガイモはどちらかというと
コロッとしているものが良いそうです💡

スポンサーリンク

クリーミーポテトサラダの作り方

  1. じゃが芋は4等分に切る
  2. 鍋に水を入れて、水から茹でて煮たったら弱火にしてフタをして茹でます。
    柔らかくなるまで10〜15分間ゆでたら茹で汁を捨てます。
  3. 再び弱火にかけて残った水分を飛ばすのがポイントです。
  4. ボールに入れて、マッシャーでつぶします。
    ベタベタさせないで、上からグッと、熱いうちになめらかになるまでつぶします。
  5. 4の上に生クリームを入れてコクを出します。
    もっとマッシュしたい人はここで混ぜても良いです。
  6. コンビーフの缶詰 1/2缶と、塩・こしょう各少々して、
    混ぜて長丸型のお皿に盛り付けておきます。
  7. グリーンピースの皮をむいていきます。
    食感のアクセントにたくさん使いしょう♪
  8. 小鍋に塩を少々加え、熱湯で1〜2分間ゆでます。
  9. フライパンに、バター20gを溶かし中火でさっと炒めたら
    塩・こしょう少々で味を整えて行きます。
  10. ポテトサラダの上にたっぷりのせて完成/

はるみさんのポテトサラダの種類は100以上あるそうですよ。
多いですね💫 色んな食べ方をすると楽しいですものね。

全体の盛り付け

カリッと香ばしく軽やかに上がったポーク&えび紙カツに
テレビ番組では、ポテトサラダ、千切りキャベツ、レモン、特製ソースを添えてましたよ♪
あとは、薄い色の着いた炊き込みご飯?とカラシの様なものもありました。

特製ソースは、ポークと海老紙かつのところに書きました。
とても美味しそうでした^^